Subscribe to my RSS feed

上品でエロいというギャップに燃えるのです

上品とエロのギャップ
男というものは、射精が済んだとたんに急にテンションが落ちる身体の構造になっています。
デリヘル嬢の中には、お客さんを射精させて「はい、一丁上がり」といわんばかりに、そそくさと帰る準備にとりかかる人もいますが、お客さんと別れる最後の最後まで絶対に手を抜いてはいけません。
あまり意識されていませんが、むしろ射精後からお別れの間の時間こそが、次回もリピートしてくれるかどうかを決定づけるとても大切な時間となるのです。
射精した後の精子をティッシュで優しく拭き取り、オチンチンも優しくケアします。
オチンチンはデリケートですので、無造作に拭き取られると痛いだけで極めて不快です。
射精して放心状態のお客さんは、全裸で急に体も冷えますから、そっとタオルや毛布を優しくかけてあげて、「シャワーの準備をしてきますから、少しゆっくりして下さいね」と笑顔で声がけをします。
時間があるならば、一緒の布団でお客さんの隣の横になり、ラブラブ恋人気分を演出してあげるのも効果的です。
デリヘルを問わず、性風俗業は肌と肌が触れあう濃密なスキンシップとコミュニケーションを提供するサービスはなく、それゆえに、究極のサービス業といえます。
お客さんは気持ちよい射精を求めてやってきます。
とはいえ、射精に導く行為が事務的であれば、それはむなしいだけです。
二度とリピートしてくれません。
手や口などのプレイの技も重要ですが、同様にサービス業ゆえのお客さんに対するマナー・気遣い・会話も同様に重要となります。
接客中や外見は上品なのに、プレイ中はエロくなる、そのギャップが魅力を増します。
そして、それができる女性が確実に指名を増やしているのです。
この観点から、指名ととるためのポイントは以下のとおりです。
・笑顔の挨拶・接客。
・リピーター客に対しての「いつもご利用ありがとうございます」という挨拶。
・お客さんの目を見て接客します。
・片膝をついてお客さんより下の目線で接客します。
・疲れていても、それを顔に出しません。
デリヘル店は、お客さんが来れば、ビジネスとして成り立ちます。
お金がなくても、人がいなくても、商品さえあればなんとかなります。
ところが、この順番を、逆にしてしまうと、全く立ち上がりません。
多くの会社が失敗するのは、この順番が逆だからです。
まず売れそうな商品を仕入れます。
そして、その商品を買ってくれるお客さんを探します。
多くの会社は、ここで当てが外れるのです。
現実には売れません。在庫になります。
在庫を処分するために、営業マンの時間がとられるのです。
売れない商品だから、営業マンが売る気を失います。
これでは、失敗へ一直線ということですね。
新規事業を立ち上げるのであれば、まずお客さんを集めなくてはいけません。
お客さんを集めて、お客さん男欲しい商品を聞く、そしてその商品を提供するのです。
そうすれば、事業リスクは極めて低いのです。
投資はほとんど必要ありません。
そして事業が急速に立ち上がることは間違いないのです。
ここで商品をデリヘル嬢におきかえればわかりやすいでしょうか。
なにはともあれデリヘル嬢ですね。

風俗店の新着情報

横浜デリヘル es~エス~

《ご新規でのご案内の場合》

★【最大8,000円割引】★

通常 60分 19,000円が⇒ 16,000円

通常 80分 28,000円が⇒ 24,000円

通常 100分 36,000円が⇒ 31,000円

通常 120分 44,000円が⇒ 38,000円

通常 150分 57,000円が⇒ 50,000円

通常 180分 70,000円が⇒ 62,000円

※受付時に必ず、『デリヘルシティの新規割見た』とお伝え下さい!